a0001_006356_m


久しぶりの日記です。

ずっとブログを更新してなかったのですが、
充実した毎日を過ごしていました。


サボってた訳ではないですが・・・
たくさん遊んで仕事していました(笑)

 

ここのところ、ブログを書く気になれなくて
しばらくお休みしていました。

楽しみに読んでくれている読者の方すみませんでした。。

これから、また頻繁に更新して行きます。

 

 

今日、ある大手の旅行会社にクレームの電話を入れました。

これからの人生の中で、皆さんも会社のミスなどで
クレームを入れる機会があると思います。

今回の件で、僕が学んだことをブログに残しておこうと思います。






中国で事件に・・・


ある大手旅行会社のツアーで、中国旅行に行った時のお話です。

その旅行会社が勧めてきたオプションツアーに参加したのですが、
その観光地(お店)側から犯罪にあってしまいました。


(僕自身のことではないので、プライバシーもありどの様なことかは、はっきりとは書けませんが。。)


日本では、すぐに逮捕されてしまう様なことです。

僕もある程度のことは許してしまう楽観的な性格ですが。。

今回のことは、とてもイライラしてしまいました。

 

勿論、中国なので警察に通報する訳も行かず、

現地の旅行会社にお願いするしかありませんでした。


でも、中国の代理店(旅行会社)も全然頼りにならず・・・


挙句の果てに・・・

「そちらにも落ち度があったのではないか?」

「今まで過去にその様なことは一度も起こっていない」

などというなニワンスのことを平気で言ってくる。


犯罪が犯罪であるのにも関わらず、

凄くプライバシーや配慮のなさにも愕然としました。


被害にあった本人も凄く落ち込んで、

傷ついている上にその様な態度を取って来た旅行会社に
憤りを感じました。

 

 

会社にクレームの電話をして、会社に何を要求しているのか?


今回僕が会社にクレームの電話をする前に
少し落ち着いて考えてみたことは、


自分は会社にクレームの電話をして、会社に何を要求しようとしているのか?


と言う点です。

 

よく考えてみると、そこをはっきりと自分自身が持ってないと

相手がどれだけ誠意を見せてくれても、
どんな対応をしてくれても虫が治まらない物です。


1.ただただ腹が立ったから、クレームをつける。

2.それにたいして、何も自分の中に代替案も持っていない。

3.許そうという気持ちも初めから持っていない。

 

これだったら、最近よく問題になっている

「モンスターペアレント」と自分も全く同じだと思いました。


AでもBでもCでもない。
じゃーどうしたらいいんですか?
と会社側からするとなってしまいます。


単純なことなんですが、特に女性の場合は感情が先行することが多々あります。


会社に何をして欲しいのか?
これをはっきりと自分の中に決めておくことは大切です。

少し僕も感情が先行している自分に気づいて、
落ち着いて物事を進めることができました。

 

 


僕が要求したこと


では、僕が会社にクレームとして要求したことは


1,今後この様な被害者が出ない様に徹底的に問題があった点を改善して欲しい


大手旅行会社が進める観光地(店)だから、安心を買って少し高いお金を払ってでも、そこに日本人は行っている訳です。

言わば、それを旅行会社はビジネスとしているのに・・・

そう言った危ない観光地(店)と提携していること自体、会社の信用をなくすことだと思うのです。



2,中国の代理店(同じ旅行会社の系列店)の態度や接し方は間違っていたことを認めて、傷ついている本人に心から謝って欲しいということ

 


3,その場(その支店)だけで、今回のことをもみ消そうとしている動きが見えたので、きちんと本社にも報告をして、本社も含めて今回のことを考えてほしいということ


 

4,そして、取り調べの時間なども含めて、今回凄く楽しみにしていた旅行の大半が台無しになった訳だから、半分でも3分の1の旅行代金でも良いので本人に返してやって欲しいということ

 

この四点を上層部に伝えました。

 



 

許す心を持つと言うこと

今回の事件で、されたことや時間などはもう戻ってこない訳です。

いくら、会社の社長が精神誠意謝りに来ていただいてもそれは同じです。


でも、会社もわざとしたことではないし・・・

そして、今一生懸命対応(クレーム処理)をしてくれているのも人間です。

ちょっと間違えたら、自分がそっちの立場(クレーム処理をする人)の人間になっていたかもしれません。

 

僕もネット上で物を売っていて、
その商品についてクレームを頂くことが多々あります。


だから、なんだかそっちの人の気持ちもよく分ります。


一番本人が辛かったと思いますが、過去にはもう戻れない訳です。


これからずっと引きずってしまうよりも、
ちゃんとここでピリオドを打って、明日からまた笑顔で生活して行ってくれたらと思います。

 

 

最後に


今回のことは凄くネガティブ(マイナス)なことの様に感じますが・・・

本人は、今回の事件を受けて、周りの人の優しさや愛情を凄く知ったと言っていました。

世の中はバランスで出来ていると思うのです。

その裏側にある物を見れる人は、きっと心豊かな人生を歩めると思います。

 

ちなみに、来週課長が本人に謝罪しに来てくれるそうです。

最後までありがとうございました。



「この記事は役に立った!」「面白かった」
「読んで良かった」という場合には、
ランキングをクリックしていただけると本当に嬉しいです↓
TjXdGI4m