118650b2-s


先日、齊藤一人さんのお弟子さんが経営されている福岡の大名のお店で、

岩元貴久さんの「幸せはすぐそばにある」の出版記念パーティーに参加させていただきました。


一部はセミナーで、二部はパーティーと言う形の二部構成。

凄く運の良いことに、岩元さんが僕の座っている隣に座ってくれたので色々と話ができてとても刺激的でした。

岩元さんは、僕が今もっとも尊敬しているカッコイイ大人です。

今日は、その岩元さんに学んだ、成功者との接し方を書いてみたいと思います。





セルフイメージをどこにおくか

一部のセミナーの話しの中で、成功者(自分がなりたいと思う人)と付き合うことは大切だという話しを岩元さんがされました。

 

そこで、僕が2部の飲み会の席で・・・

「成功者と付き合いたいと誰しも思っていると思います。でも、そのきっかけは少ないし、なかなか簡単なことではないですよね?何か気を付けることなどアドバイスはありますか?」と質問しました。

 

すると、岩元さんは・・・

セルフイメージを自分がどこに置いているかが、良い付き合いをする上で重要だと教えてくれました。

 

岩元さんの過去にあった出来事に例えて話してくれました。

「先日、日本のレストランで食事をしていたら、ある綺麗な女性がそのレストランに入って来ました。

そのレストランで食事をしている人は、彼女を見るなりザワザワしだし、みんな落ち着かない様子になりました。

でも、僕はなんでみんながザワザワしているのか分らなかった訳です。

一緒にいた友達に聞くと、ある売れっ子の女優さんだというのです。

 

でも、自分はその女優を知らないからザワザワしている理由がわからないわけです。

アメリカで生活している為)

女優と友達に聞いても、見たこともないし普通の人にしか見えない訳です。

 

ザワザワしている人は、売れている女優でいつもテレビで見ているので凄い人っていうセルフイメージが出来上がっているわけですよね。

でも、僕にとってはどこにでもいる綺麗な女性というセルフイメージな訳です。

 

 

また、ベストセラー作家で億万長者で世間的に凄い成功している人はいっぱいますよね。

でも、その人が街中を歩いていても誰も気づかないし、ごくごく普通のどこにでもいる人となんら変わりないですよ。

ただ、凄い会場でセミナーをしたり、本を出して売れていたり・・そういったことで勝手に自分の中のセルフイメージで凄い人(自分より上の存在の人)って決めていませんか?

 

でも、そういう人でも一歩家に帰れば・・・

奥さんにボロかす言われていたり(笑)

子供からなんでこんな親父が凄い人なの?(笑)

って思われていたりしますからね。。

みんな勝手に自分の中で、セルフイメージを作りだしてるんですよね。

 

みんなと全く変わらない同じ人間なのに!

 

だから、どんだけ君が凄いと思う人(成功者)でも同じ立場で話しかけたらいんですよ!

その人を上に持ち上げてしゃべる必要も無いし、勿論下に見る必要もない。

同じ目線で付き合うことが大切だよ。

そっちの方が相手の印象にも凄く残るからね。」

と教えてくれました。

 

確かに、その通りだと思って反省しました。

今はそうでもないですが・・・

若いころはそのセルフイメージが強烈で、尊敬する人は沢山いたけれど・・・

違う世界にでも住んでいると思っていました(笑)

 

そんな思いでは、良い関係もつくれないだろうし・・・

自分の今の友達を見渡しても、対等に接している人しか良い付き合いができていませんからね。。

そう言われたのが、僕の尊敬する人だったせいか・・・

とても肩の力が抜けました。

 

 「セルフイメージをどこに置いているか」一度自分自身と向き合ってみると良いですね。

IMG_4981


IMG_5756

 



「この記事は役に立った!」「面白かった」
「読んで良かった」という場合には、
ランキングをクリックしていただけると本当に嬉しいです↓
TjXdGI4m