a0001_011558_m


しばらくブログを更新してなかったのですが、
また通常モードで今日からブログを再開します。

その前に今回の東北沖地震のこと・・・
そこに、あえてふれてブログに残しておこうと思います。






今回の地震を通して、そして多くの人の死を目の当たりにして、
色々と自分自身考える時間を頂きました。

一カ月間は、ブログを書く気にもなれなかったし・・・
自分にできることは・・・

死について・・・
正義とはなにか・・・
今後の日本は・・・
色々と考えて向き合う時間を持てました。

たくさん書きたいことはあるのですが、
自分が今書いておきたいことだけを残しておこうと思います。




今回の地震を通してまた日本が好きになった

今回の様な被災が起きた時、

多くの国では暴動や窃盗、侵略などが起こるそうです。

でも、日本では物が散乱しているスーパーで律義に物を拾い、

当たり前の様に列に並んで買い物をしていました。


自分たちも辛い状態でありながら、高齢者への思いやりを忘れない。

みんなが力を合わせて、それぞれができることをやっている。

海外のニュースでは、これらのことが大々的に放送されていて、日本人の国民性が称賛されていました。


これを見た時、日本がもっともっと好きになり、心が揺れ動きました。かなり心が熱くなりました。

政治・年金・少子高齢化・自殺率・・・・
さまざまな問題はたくさんあるけれど、
こんなに 「徳」のある日本で自分が育ったことが凄く誇りに思いました。


日本には、「徳」のある人がたくさんいます。
この人の優しさって、一番大切な物だと思います。
自分も絶対にこの「徳」を忘れない人間になろうと思いました。




それぞれの正義を尊重する

今回の震災後、ネット上で批判の声や書きこみを多く目にしました。

九州に住んでいる人が、「被災地の為に節電をしよう」と

Twitterでつぶやいたことに対しても・・・

「九州で節電をしても、電気の種類が違うから電力を送ることができない。意味がない。」とか・・・

募金や節電を呼び掛けるビラを作ろうとのつぶやきに、

そのプリンターとパソコンの電力がもったいないとか・・・

旅行に行ったプライベートなブログを書いている人に、

「今はそんなことを書く時ではない。」とコメントがあったり。。

逆に、その批判しているコメントに、

「個人の自由で良いのではないか」と、批判を批判しているものまで見つけました。


「不謹慎だ」とか「今はそんなこと書くべきではない」とか・・・

とにかく多くの、“批判”がネット上で目についた一カ月間でした。

私、Jiroの個人的な意見として聞いてほしいのですが、

それぞれが正義と思ってやっていることを、否定しなくて良いのではないかと思うのです。

Twitterと言う、140文字の短い言葉の中では、

その人が発した本当の意味はなんて、誰も分るはずがないと思うのです。

家族を失った悲しみから、もしかしたら不謹慎な発言をブログを通してしているかもしれません。


大変な時期に人を笑わして、ストレスを発散させようとしてたのかもしれません。

また、九州の人で節電しても電力が送れないことを知っていたけれど、

その浮いた分のお金を、被災地に送ろうとしているのかもしれません。


日本の景気を悪化させない為に、旅行に行ってお金を使うことが最良の策と考えているのかもしれません。

どちらかが、一方的に悪いとは全く思えないのです。

それぞれが、それぞれの正義と思っていることをやっているのだと思います。


実際、僕もしばらくブログを書かなかったのは、

心のどこかで今ブログを書いたら「今はそんなことを書く時ではない」とか「嫌われてしまうのではないか」などと言う感情があった気がします。


でも、人それぞれの正義があり、人それぞれのやり方があると思うのです。

自分には自分のやり方があります。

だから、これからは自分が信じている正義に、自信を持って生きて行こう、発言して行こうと思いました。





今回の地震で失った物は、大きかったけれど・・・

作用反作用の法則の様に、それと同じだけ得るものもきっとあると思います。

不安なことを数えたらきりがないけれど、これからの希望を数えてもきりがありません。


将来、あの時に災害を経験したから今の日本があるのです。

と胸を張って言える日本を一緒にこれから作って行きましょう。


きっと、今回の地震で失った物もたくさんあるけれど、もたらしてくれたポジティブなものも、数え切れないくらいそれぞれの心の中にあると思います。


下を向くのはもうおしまいです。

一緒に新しい日本を作って行きましょう!!



今回の地震で、被害を被られた方には心からお悔やみを申し上げます。

そして、今なお被害を最小限に食い止めようと頑張って頂いてる方に感謝します。



「この記事は役に立った!」「面白かった」
「読んで良かった」という場合には、
ランキングをクリックしていただけると本当に嬉しいです↓
TjXdGI4m