a0006_002418_m

誰かをお祝いをしてあげる時、接待をする時、贈り物をする時、何かを買ってあげる時、ご飯を奢ってやる時、色々な形で人にお金を使うことがあります。

このお金を使うべき人を勘違いしている人が、周りを見渡すと多いです。。


今日は、“お金を使うべき人”についての考えをシェアしたいと思います。




私が考えるお金を使うべき人

 

それは、お金の価値観が分っている人です。

苦労をして、頑張って働いた代価だと理解できている人です。

お金のありがたみが分っている人です。


そんなの当たり前だろ?って思った人もいるかもしれませんが、世の中の人はこれと逆のことをしている方が大変多いのです。

 

 


 

お金を使うべきでない人

 

例えば、普段から美味しい物を食べて、良い物を買っていることが当たり前になっている人を接待する場合など、大金を使う人が多いです。

こういった人は目や舌が肥えていて、それ以上の物を与えないと価値を感じてくれないと思うからです。

でも、その人がお金の価値が分る人でなければ、お金を使うことは控えた方が良いです。

 

同じ一万円を使うにしても、その様な価値観がずれている人にはそのプレゼントも500円くらいの価値にしかならないからです。

 

他の例をあげると、キャバクラやスナックのお姉さんに高価なプレゼントを渡す人がいます。
(そういった人たちが金銭感覚がおかしいと断定しているわけではないです)

でも、一般の人よりもプレゼントを貰ったりディナーに誘われたりすることが多いので、お金の価値観がずれている人が多いです。

 

そういった人にお金を使うのであれば、お金に苦労している人や、一般の節約生活をしている人、本当にお金の価値が分る人にお金を使った方が喜んでもらえます。

 




まとめ

この様に、同じ金額でもお金の価値観が分った人に使うお金は生きたお金だと思うのです。

感謝や喜びもたくさん返ってきます。

 

よく「お金じゃなく気持ち」と言いますがその通りだと思います。

でも、その気持ちも実は金銭感覚がくるっている人には伝わらなかったりするのです。

 


また、買い物をする時も少しでも安いところで買いたいのが人間の心理です。

でも、そこのお店が少しくらい高くても、お金の価値が分かるお店で、付き合いもあるならそちらで購入してあげることも生きたお金の使い方だと思います。

そんな差額よりも、人間関係の方がよっぽど大切ですからね。



「この記事は役に立った!」「面白かった」
「読んで良かった」という場合には、
ランキングをクリックしていただけると本当に嬉しいです↓
TjXdGI4m