最近、凄く怒っている人が身近にちょくちょくいます。


小さなことから・・・・


職場や家庭、人間関係について・・・・


その”怒り”の原因はさまざまです。


今日は『怒り』について、考えてみたいと思います。


実は、僕も凄く怒りっぽいです。。。


一度イライラすると、そのイライラがずっと続きます。。


さっぱりした性格ではないです。。(笑)


でも、自分のそんな性格がずっと嫌だったし・・・・


何よりもイライラしている時って何をしても楽しくないし、


何だか時間を凄くムダにしてしまいます。


周りにも良い影響を与えることができません。。


だから、頑張って自分を変えようと・・・


怒りを少しでもコントロールできるようにしなければと思いました。


『怒りをコントロールなんてできないですよ~。。』


確かに容易なことではないし、100%僕自身もできません。。


でも、イライラした(怒った)時には一度落ち着いて
もう一人の自分で客観的に見つめ直すようにしています。


まず、
怒りが生じた時はその『怒り』を認識するようにしています。


怒りの原因として、本で読んだことがあるんですが・・・


『自分が正しいという一種の正義感』
『怖れ』

この二つのどちらかが『怒り』の原因になっていることが多いのです。


『自分が正しいという一種の正義感』とは、


自分が正しいと思っている基準と


それに異なる相手の言動に対し、


相手を自分の正しいとする考えに従わせようとするから・・・


それが怒るという行為になっていることが僕の場合は多かったのです。


でも、冷静になって考えてみると、


自分の勝手な価値観を相手に押しつけていることも多いんですよね。。。(T_T)



そして、もう一つに『怖れ』です。


自分の意見を認めてくれなかったり、


存在意義を認めてもらえなかったり。。


恥をかかされたり。。


”怒り”が生じるのはこれらのような


『怖れ』を感じる時なのです。


怒り=自分の中で怖れを感じている


恥をかくことも、何か名誉などを失う『恐れ』です。


意見が合わなくて喧嘩して怒るのも、


自分を認めてもらえないと言う『怖れ』からくるのです。


何か自分が不利益になる『怖れ』もあります。


ちょっと、前置きが長くなりましたが、


僕が、怒りを感じた時に心がけていることは


なぜ自分は怒っているのか?
(自分の正義感を一方的に押し付けてないか?)


何を恐れているのか?


と意識して考えてみることです。


それだけで怒りをコントロールできる様になると言えば嘘になりますが、


その怒りの原因を意識するだけで、


今までとは違った怒りへの対応ができるようになります。


怒るとは『心の奴隷』と書くように・・・


奴隷にならないように、


怒りを少しでもコントロールしてみようと言う心構えが大切なのかもしれません。


「お~っと、いつもの怒りがまた来たぞ!!」


っていうような気持ちで自分と向き合うことからスタートですね(笑)



「この記事は役に立った!」「面白かった」
「読んで良かった」という場合には、
ランキングをクリックしていただけると本当に嬉しいです↓
TjXdGI4m