会社の採用・・・

付き合う彼氏・彼女・・・

一緒に仕事をやっていくパートナー・・・

友達・・・

結婚・・・



相手がどの様な人なのか?


?相手を見抜く力″は本当に大切です。



『初めて出会った時は本当に良い人だったのに・・・』
『こんな人とは思わなかった・・・』


特に異姓になると、
見た目や雰囲気や年齢などで
相手の人間性を見抜くのがますます難しくなります。


長く付き合ってくると相手の本質も分かってきますが、
2,3回会って相手のことを判断するのは
容易なことではありません。


でも、会ってすぐにその人がどんな人なのか
見極めないといけない時があるのも事実です。


今日は、人を見抜く時に僕が気を付けていることを
書いてみたいと思います。


僕が、仕事でもプライベートでも
この人とは長く付き合いたいなと思う人、
また、今まで長く付き合ってきた人たちの共通点を
2つ紹介してみたいと思います。


人を見抜く時の判断材料にもしています。



1. 自分と利害関係のない他人をどう扱うか?

2. 家族(親)に対して尊敬や愛情、感謝を持っているか?



1. 自分と利害関係のない他人をどう扱うか?

例えば、レストランのウエイトレスや
掃除のおばちゃんなどをその人がどう扱うかを
観察してみるってことです。

人間が練れていればそういう人たちにも
丁寧に笑顔でお礼を言えます。

人間的に裏表のある人間は、
自分には良い顔をしても自分より目下の他人には、
ぞんざいなものの言い方をしたり態度をとります。



2. 家族(親)に対して尊敬や愛情、感謝を持っているか?


親だから当たり前と思っている人は、
親への愛情や感謝をもたないものです。

こういう人は、他の人にも尊敬や愛情、感謝できず、
他人を褒めることをしません。

家族のことを褒める人って素晴らしい人格者だと思います。



できるだけ多くの人と付き合いをして、
出会ってすぐにどんな人なのかを判断すること!

これも大切な能力の一つですね(^-^)


でも、若いころは人間関係で痛い目に会うのも
自分の為になったりしますけどね(笑)


最後までありがとうございました。



「この記事は役に立った!」「面白かった」
「読んで良かった」という場合には、
ランキングをクリックしていただけると本当に嬉しいです↓
TjXdGI4m