6月1日にヤフーは、
中国商品専門のネット通販サイト
「ヤフー・チャイナモール」を開設しました。



ニュースでもテレビでも頻繁に取り上げられていたので
まだ記憶に新しいと思います!



これによってどうなるのですか??
って質問されたので書いてみたいと思います!!



まず、ヤフーのユーザーは、
日本のショッピングやオークションを利用するのと同様に、
タオバオの商品を買うことができるようになりました


(※タオバオとは中国で最も大きなオークションサイト)



逆に中国では、
「淘日本(タオリーベン)」を開設して、
中国の利用者が日本の商品を買えるようになりました。



出品者にとっては、
日本国内だけでなく、中国市場に向けても
商品を販売できるようになったわけですね



『へ~!!』で終わってしまいそうですが、
一般の僕たちにとってもビジネスチャンスが
大きく広がったことを意味します!!


 
ヤフーとタオバオを合わせた商品取扱高は
2009年で4.3兆円と、アジア一の
eコマースサイトが誕生した訳です!



規模がわかりづらいのであえて比較すると、
楽天は1.2兆円です
米イーベイも抜いて世界一になるだろうと言われています。



恐るべし中国!!!



そして、さすが孫さんですね・・・・。


しかも、本で読んだのですが、
1800万ドルを投資した孫さんの保有株は
現在13億5000万ドルと推定されているそうです。。。


この買収で75倍のリターンを得てるんですね・・・。


タオバオの経営権も握って、株でも・・・。


やっぱりこの人は天才ですね


どんどん中国から日本企業が買収されていく中
こういうニュースは凄く嬉しくなります!!



本当にこれからは中国の時代になってきましたね



「この記事は役に立った!」「面白かった」
「読んで良かった」という場合には、
ランキングをクリックしていただけると本当に嬉しいです↓
TjXdGI4m