家にビールのサーバーがあるので、コックをひねると生ビールが飲めてしまう。
この環境に慣れると、ついつい寝る前に生ビールを飲んでしまいます(笑)
最近飲みながら日記を書くのが習慣になってきました。。。。(笑)



今日の日記です。


今日、友達の中国人と電話していてこんな質問をされました。
mixiやユーチューブ、スカイプ、モバゲーやグリーなど、無料で便利なサイトがたくさんあるけれど、運営している会社はコストをかけてまで、なぜこんなサイトを作るのか??

使う人が無料ってことは、利益が無いってことですよね~??
って言う質問でした。

そうやって思ってる人もいるんだぁ~ってちょっとビックリしたので日記に書いてみました。

そう思う方は、完全に利用者としての目線で見てしまっているので、注意しなければいけません。ウインク

なんでもそうなんですが、その裏側にあるものを見るようにすること!!

これって凄く大切なことです。

なぜ、コストをかけて無料で便利なサイトを作るのか?

それは、そのサイトに人を集める為です。当たり前ですが・・・・

では、無料で使う人を集めてなぜそれで利益を上げることができるのか???

結論から言うと、『人の集まるところにお金が集まる』って言うことです。むふっ

その大きな一つとして、企業広告です。

企業としては、費用対効果を考えて少しでも人がいるところに広告をだしたい訳です。

例えば、分りやすくミクシーで言うと、20代前半の人の3人に1人はミクシーをやっているそうです。

そんな、絶好な場所に企業は広告を出したい訳です。
(特に若いターゲットの商品などの場合)

ミクシーの一番上のトップバーナーに広告を出そうと思ったら1千万ぐらいするそうですよ(笑)

だから、純利益だけで年間9億とかってお金が生まれる訳ですね。

目に見えてないですが、このようにビジネスが展開されているところはいっぱいありますよ。

情報化社会!!乗り遅れないようにしないといけませんね~。ほっとした顔



「この記事は役に立った!」「面白かった」
「読んで良かった」という場合には、
ランキングをクリックしていただけると本当に嬉しいです↓
TjXdGI4m